専門の業者へ依頼を

屋根の上に設置する「八木式アンテナ」の場合でも、壁に設置する「デザインアンテナ」の場合でも、地デジアンテナを設置する際には専門の業者に依頼することをお勧めします。

アンテナの設置は高所での作業になるため、自分で取り付けようとした際に道具などの落下や転落など大きな事故に繋がるケースもあります。また、八木式アンテナは非常に大型のため、しっかりと設置しないと自然災害に遭った際に落下する危険性もあります。

デザインアンテナは小型で壁に設置するため、八木式アンテナよりも設置は簡易ですが、電波が取りにくく上手く受信できないといったケースや、壁に穴を開ける必要があるため防水処理が不十分だと中で腐食したり、壁から雨水が浸入してくる恐れもあります。

アンテナ設置業者を選ぶ際には、工事実績や口コミ・評判を確認して信頼できる会社に工事を行ってもらいましょう。また、アンテナ工事の相場は5万~10万円程度と言われています。インターネットで検索すると、1万円を切る破格の工事費用で広告を出している業者もいますが、見積もりを取ってもらうとそれよりも高い金額を提示されたというケースもあります。費用の内訳がはっきりしないまま金額を提示される場合もあるため、まずは事前見積もりを書面で出してもらうことをお勧めします。

地デジアンテナの種類

地デジアンテナには、「八木式アンテナ」と「デザインアンテナ」の2種類のアンテナがあります。

八木式アンテナの見た目は魚の骨のような形をしており、大型で屋根の上に取り付けられているのをよく見かけるため、アンテナといったらこちらをイメージする人も多いでしょう。価格が4000円前後と安価なことや、デザインアンテナでは電波が取りにくい状況でも受信しやすいため広く普及しています。しかし、屋根の上などオープンな場所に設置されているため風や積雪などの影響を受けやすく、また鳥が住み着くケースもあります。大きく目立つため、その外観が気になるという人もいます。

デザインアンテナは、細長いボックス状の形をしているアンテナで、家の外壁やベランダに設置します。ボックス状とは言えそのデザインは洗練されており、非常に薄いため一見するだけではアンテナとは思えません。外壁に合わせてカラーバリエーションが豊富な商品もあり、地デジアンテナを設置したいけれども、外観にも気を遣いたいという人にお勧めです。価格は1万円前後からあります。受信能力自体は八木式アンテナと変わりませんが、壁に設置するので八木式アンテナよりも電波を受信しにくくなるため、設置に向かないケースもあります。

様々なアンテナ

テレビ放送を受信するためのアンテナにはいくつか種類があります。目的に合わせて適したアンテナを選ぶようにしましょう。

1つ目が、地上デジタル放送用のアンテナです。これを設置しないと地デジ放送を見ることができません。地デジアンテナの種類にも様々なものがあり、よく屋根の上に取り付けられているのを見かける、魚の骨のような形の「八木式アンテナ」と、壁に取り付ける四角いボックスタイプの「デザインアンテナ」が主流です。この他に室内で利用できる小型で安価なアンテナもありますが、室内用アンテナは受信能力が他の2つと比較しても格段に弱く、電波を拾いにくいため購入しても映像が映るかどうかは保障できません。

地上デジタル放送の他にBS・CS放送を見たいという人は別にBS・CS放送用のアンテナを設置する必要があります。地デジアンテナを設置する際に一緒に設置してもらうという人も多くいます。その際には通常の地デジアンテナの設置費用に加えてBS・CSアンテナの本体の費用と取り付けにかかる工賃が追加されるため見積もりを取る際には注意しましょう。アンテナ本体の価格は5000円くらいからあります。BS・CS放送を将来的に視聴する予定があるなら、後から追加で設置工事を行うよりも同時に設置してもらったほうがお得になることが多いため、一緒に検討したほうが良いでしょう。

地デジアンテナの役割

私たちの生活に欠かせない家電製品の1つがテレビです。パソコンやスマートフォンなどによってインターネットが広く利用されるようになった現代でも、テレビはニュースやドラマ、バラエティーなどで私たちに情報や知識、楽しみを与えてくれる道具としてとても身近なところにある道具です。

テレビを家庭で見る上で、大きな環境の変化があったのが2011年でした。この年の7月を持って、それまで使用されていた地上アナログ放送が終了し、日本でのテレビ放送は地上デジタル放送へと切り替わったのです。これにより、高画質で高音質な映像やデータ放送を楽しんだり、視聴者が番組の放送中に投票ができるようになりました。

地デジ放送を見る方法は、大きく分けて2種類あります。地デジアンテナを設置する方法と、ケーブルテレビなどを利用して視聴する方法です。どちらの方法を利用する場合でも、地デジ対応のテレビか、チューナーが必要になります。

意外に見落としがちなポイントに、新築物件には地デジアンテナが設置されていないことがあります。地デジに対応しているテレビでもケーブルに接続するだけでは見ることができません。引越しの前後はやることも多く慌ただしいため、できれば事前にある程度地デジアンテナを設置できる業者について調べておくと良いでしょう。当サイトでは、地デジアンテナとはどういうものか、また地デジアンテナや設置業者を選ぶ際に役立つポイントについて紹介します。